筆者 プロフィール

この記事の著者 在越ライター ヨシヒロミウラ

Yoshihiro MIURA
Yoshihiro MIURA

在越ライターのヨシヒロミウラです。

Newsweek日本版 World Voice「ベトナムと日本人」にベトナム最新事情を毎月数記事執筆しています。

ベトナム・ベトナム文化・ベトナム料理・ベトナム語・英語・日本語・日本文化・日本料理・国際交流・多文化交流・国際ビジネス・まちづくり・映画・海外の日本料理などが好きなカテゴリーです。本名は三浦嘉大。ツイッターアカウント @VietnamNihonjin

これまでの経歴

西暦出来事コメント
1969年~■北海道江別市出身誕生日は1969年9月15日。生まれた病院は札幌市の天使病院。ソフトクリームが日本一美味しいまち、北海道江別市で育つ。
~1988年■地元の小中を卒業
■札幌開成高校卒業
・漫画・映画・一輪車・テレビゲーム・剣道・英語に夢中だった小・中学生時代。
・幼稚園の頃から通っていた英会話教室の影響で海外と英会話に興味を持ち始める
・高校時代は札幌のゲームセンター「弐番館」やJR札幌駅地下2階にあった入場料250円の2等映画館「テアトルポー」に入りびたる。
〜1993年■武蔵大学経済学部経営学科入学
■映画研究会で8mm映画製作
・ビジュアリスト手塚眞主催の第2回日本最低映画祭でグランプリ受賞
2000年■北海道にUターン。セイコーマートの店長になるセイコーマートは今も大好きです。
2006年北海道札幌市東区のコミュニティFM局「さっぽろ村ラジオ」でラジオ番組「Killer Tunes!」を開始。私がMCの毎週火曜日22:00-23:00に札幌市内のミュージシャンや留学生・外国人をゲストに招いて、ゲストのお気に入りの曲を聴きながらインタビューする生放送の1時間番組。ゲストには上海の大学に留学する前の山下智博や、バンド結成まもない時のロックバンドThe武田組も出演。
2013年まで7年間休まず放送を続ける。
〜2007年■セイコーマート閉店
■Ebayで個人輸出開始
■北海道札幌市の国際交流の活性化開始
ファミリービジネスでフランチャイズに加盟していたセイコーマート2店舗閉店
Ebayで日本の商品やレトログッズの個人輸出開始
留学生や外国人をゲストに迎えるラジオ番組KillerTunes!や国際交流イベント・国際ビジネス交流会・英会話教室・日本語会話サークルで札幌の国際交流シーンを盛り上げる
〜2014年■地元北海道江別市をブログ・SNSで活性化活動開始
■江別市を位置情報ゲームIngress・ポケモンGOで活性化イベント
そして地元北海道江別市のまちづくり活動を開始。
札幌市から出身地の江別市へ引越をする。

札幌では北24条を中心に「にーよん英語部」で北24条商店街組合と北海道大学国際本部と連携し、北海道大学の新入学留学生を対象に、にーよん商店街ガイドツアーを春と秋の年2回開催
2017年■国際交流基金 日本語パートナーズでベトナムのハノイに派遣
■日本語パートナーズ記事を寄稿開始
■ニンビン省へ高校の修学旅行の同行で訪れる。学生たちと素晴らしい思い出が出来る
■ハザン省の少数民族の村へボランティア食料援助ボランティアに参加。衝撃を受ける。
ハノイの小・中・高校に派遣され日本語と日本文化を広める活動を開始。
子供、学生、社会人、近所のおじいさん、おばあさんまで様々なベトナム人と交友関係を深める。

2018年 ■国際交流基金 日本語パートナーズ任期終了で帰国
■国際知識普及協会 国際知識検定 ベトナム検定5級合格
■ 実用ベトナム語技能検定6級合格
■ 北海道江別市経済ネットワーク主催の講演会 食文化や日本との共通点、外国人技能実習生の実情を開催
■ベトナムの首都ハノイに戻る
帰国中にベトナム検定5級とベトナム語検定6級合格。
ベトナム人の友人数名を地元の北海道江別市に招待。
ベトナムの首都ハノイへ再び戻りハノイ市内の各中学校で日本語と日本文化を教える。
2019年 ■ティエンクアン省へ旅行
■ベトナム人の友人を江別市へ招待。オシキリ食品の納豆工場を見学
・「茶はタイグエン、美人はティエンクアン」と美人が多いと言われているティエンクアン省へ旅行。食べ物の名物はバインクォン。
2020年■1月ベトナムでも新型コロナウイルスが感染拡大 ベトナム全土のロックダウンを体験
■ニューズウィーク日本版 World Voice に「ベトナムと日本人」寄稿 開始
・ベトナム現地記事をNewsweek日本版に毎月数本寄稿開始
ベトナムの新型コロナ第1波から第3波まで体験。ベトナムが新型コロナをロックダウンと隔離で封じ込めていくのを体験。
2021年■ベトナムの新型コロナウイルス第4波で再びロックダウンを体験
■国際交流基金日本語パートナーズ経験者発表会「現地との継続的な交流」で4月9日に発表
■国際交流基金日本語パートナーズ「経験者と話す会」登壇8月13日
・ロックダウン中はオンライン授業を開始。オンライン授業が普通になる。
・ベトナムの新型コロナ第4波を体験。ベトナムでアストラゼネカワクチンの接種も体験
・国際交流基金日本語パートナーズイベントで派遣地と継続的な交流をするコツを発表
・国際交流基金日本語パートナーズ希望者に、日本語パートナーズを経験する事について話したり、質問を受けたり。私も刺激を受けました。

活動メディア

News week 日本版 World Voice 「ベトナムと日本人 」

News week日本版 World Voice「ベトナムと日本人」毎月数記事寄稿。

ベトナムの日本人以外の活動

「ベトナムの日本人」の他に地元北海道江別市の情報ブログ「江別市民ブロガーズ」と北海道に創った架空のまち「江厚別町」のTwitter・Facebookアカウントがあります。

  • 江厚別町 / Twitterアカウント 江厚別町に関わる情報のリツイートやブログ更新をツイートします。
  • 江厚別町 / Facebookアカウント 江厚別町に関わる情報の投稿やブログ更新をツイートします。

メディア取材・TV出演

今までいくつかのメディアに出演したり・私の活動について取材していただきました。今まで取材して頂いたメディアの中で北海道新聞など紙媒体以外の取材を紹介させていただきます。

講演会

書籍で紹介

Contents Tourism in Japan(アメリカの出版社Cambria pressから出版)に日本のコンテンツツーリズムの1つとして、私が代表の位置情報ゲーム「イングレス」のグループ「江別イングレス部 Ebetsu Ingress Club」を取り上げて頂き、主催したイングレスを活用したまちあるきイベント等の活動について取材を受けました。「Chapter4 Digital Age Contents Tourism:2000-2015 」の「GPS-enabled Contents Tourism」の部分です。書いてくださったのは当時北海道大学にいた、現在広島大学のJang Kyungjae准教授です。ありがとうございました。
Contents Tourism in Japan

国際交流基金 日本語パートナーズ活動報告

国際交流基金 日本語パートナーズの公式ウェブサイトに私の活動報告も載っています。ぜひ読んでください。

日本語パートナーズ経験者発表会「現地との継続的な交流」
日本語パートナーズ「経験者と話す会」2021年8月13日 登壇

江別観光特使

北海道江別市の観光特使として江別市の魅力や観光情報をベトナムに発信しています。

  • 2017年からの私の生徒達には必ず北海道江別市について紹介しています。
  • 2020年は北海道江別市の食品メーカー「オシキリ食品」の納豆をベトナムに初輸出するコーディネイトをしました。

2021年10月14日

Posted by ヨシヒロミウラ