Jリーグに移籍するベトナム Vリーグ サイゴンFCの選手4名入国ビザ申請完了!【FC琉球 アスルクラロ沼津 】

この記事の著者 在越ライター ヨシヒロミウラ

サイゴンFCは同クラブの4選手が日本への入国ビザ申請を完了し、J2リーグ、J3リーグに参加する準備が完了したと報告した。

在ホーチミン日本国総領事館の熱烈な支持を受けて正式に入国ビザ申請を完了したと発表!

3月11日サイゴンFC(一部リーグ)は、日本プロサッカーリーグFC琉球(J2)に期限付き移籍加入するMFファム・バン・ルアン(22)、MFブー・ホン・クアン(22)、そしてアスルクラロ沼津(J3)に期限付き移籍加入するMFブイ・ゴック・ロン(20)、FWグエン・バン・ソン(20)の4人の若手選手が在ホーチミン日本国総領事館の熱烈な支持を受けて正式に入国ビザ申請を完了したと発表した。

FC琉球と契約したファム・バン・ルアンとブー・ホン・クアンの2人は3月16日の夜に東京へ出発、アスルクラロ沼津と契約したブイ・ゴック・ロンとグエン・バン・ソンは3月21日の夜に東京へ出発する予定。

当初は2月18日に開幕した2022明治安田生命J2,J3リーグにベトナムの旧正月休み明けに日本へ出発し参加する予定だったが、日本政府が新型コロナウイルス感染拡大の影響を懸念し、外国人の入国を許可しなかったため実現出来なかった。

ベトナムからJリーグへの選手移籍は、Jリーグアジア戦略のパートナーシップ協定締結によるもの

ベトナムのVリーグからJリーグに選手が移籍するのは、Jリーグアジア戦略におけるパートナーシップ協定締結によるもので、FC琉球とサイゴンFCによるアジアストラテジックパートナーシップ契約締結と、アスルクラロ沼津とサイゴンFCの業務提携によるものとなる。

Jリーグアジア戦略はアジアサッカーのレベルアップにつながるための様々な取り組みを行うことを目的とし、そしてサイゴンFCはJリーグと繋がりを深めベトナムサッカーを成長させようとしている。

4 cầu thủ Việt Nam đủ điều kiện sang Nhật Bản thi đấu

この記事は「Báo Quân đội nhân dân」の記事を元に翻訳構成しています。