ハノイ市のロックダウン延長! 収束出来ぬデルタ感染 大使館からのメール 【ベトナム】

この記事の著者 在越ライター ヨシヒロミウラ

在ベトナム日本国大使館からハノイの新型コロナウイルス対策に関するメールが2通届きました。

1通目はハノイ市のロックダウンが2021年9月6日まで延長が決定した事と、ロックダウンの詳細内容は発表後に改めてメールを送るというもの、

2通目は発表されたそのロックダウンの内容についてです。

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ市における社会隔離期間の延長)

●20日、ハノイ市が社会隔離の実施期間を9月6日午前6時まで延長することを決定したと、ベトナム政府ポータルサイトやメディアで報じられております。

●社会隔離の詳細については、今後ハノイ市から公電が発出される見込みであり、新たな内容がありましたら、追ってお知らせいたします。

●邦人の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策に努め、ベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

【御参考:政府ポータルリンク】
https://m.baochinhphu.vn/story.aspx?did=443254

(連絡先)在ベトナム日本国大使館 在ベトナム日本国大使館 電話番号 +84-24-3846-3000

2021年8月21日 在ベトナム日本国大使館のメールから引用

第1波時のロックダウンが解除されたのは、感染者の発生が2週間ゼロだった事が確認されてからでした。

そう考えると今波のロックダウンが解除がされるのは、今ではないでしょう。

一刻も早く感染の抑込みをしなければいけません。

参考資料のベトナム政府ポータルサイトを抜粋すると、

「ハノイ党委員会のグエン・ヴァン・フォン副長官は、徐々に感染の流行を制御するためにロックダウン拡大を実施してから30日近くが経過した。現在までに、市は肯定的な結果を達成しており、広範なPCR検査実施の結果、高リスク地域が検出されている。」

「最も重要なのは、創造的かつ効果的な方法で人々の参加を促すことです。」

「私たちが感染流行とより激しく戦わなければ、感染流行が発生する可能性が高くなるだろう」

「このロックダン実施の目的は、F0をコミュニティから迅速に隔離・予防接種の促進・首都の医療能力の向上だ」などと書かれています。

ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ市における社会隔離期間の延長:続報)

●21日、ハノイ市人民委員会は公電(19/CD-UBND)を発出し、社会隔離の実施期間を9月6日午前6時まで延長することを発表しました。

●個人、家族、企業、団体単位での感染症対策の徹底、各機関・機関から従業員に対する「通行証」の発給の厳格化、9月2日の建国記念日の連休に際して市場、ションピングセンター、スーパーマーケット、コンビニエンスストア等での対策強化が呼びかけられています。

●邦人の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策に努め、ベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

(連絡先)在ベトナム日本国大使館 在ベトナム日本国大使館 電話番号 +84-24-3846-3000

2021年8月21日 在ベトナム日本国大使館のメールから引用

通行証の発給の厳格化が述べられています。

通行証の開始時の混乱もあり、時には甘くなってしまう事があったのでしょう。

通行証は今後DXで解決していきたいものです。

さらに市場やスーパーでの強化対策も述べられてます。

引き続き感染防止対策に努めましょう。

▼ハノイ市 ロックダウン関連記事

ハノイのロックダウンに関連する記事です。併せてお読みください。