ハノイ突然 厳しい首相指示 CT16を実施! 食料はどうする?街の様子は?【ベトナム】

この記事の著者 在越ライター ヨシヒロミウラ


東京オリンピックの開会式を見た感動の余韻に浸り、

ツイッターを見ているとベトナムの国営放送局VTVの投稿を見て驚きました。

2021年7月23日23時頃の投稿で、

ハノイ市が首相指示CT16を発出し、翌朝6時からこれに従った社会隔離を行うと言う。

ハノイはすでに7月19日から外出自粛要請が出されていました。

その外出自粛の内容については以下の記事から確認してください。

ハノイ突然 厳しい首相指示 CT16を実施!

首相指示CT16とは、ホーチミン市に実施された社会隔離策と同じで、とても厳しい。

オープン出来るお店は食料品店と薬局、また病院などだけ。 

タクシーも営業中止。

以下の記事にCT16の内容がありますから、併せてお読みください。

スーパーやコンビニと一緒に、個人の食料品店も開店してる。 (筆者撮影)


今までのコロナ対策の実施の報道なら、前日夕方までにメディアに流れ、翌日昼12時から実施というのが普通でしたが、

今回は深夜に報道して、翌朝6時から実施という緊急な指示。

ホーチミン市が感染爆発してしまった事から、ハノイはより社会隔離を速く、厳しくする事で感染爆発させまいという事だろう。

ハノイを感染爆発させないために、私もこのスピードについていかなければならない。

開いている店がほとんどない。。。人もバイクも少ない (筆者撮影) 

といっても、家にいる事が大事なので、翌日は家でオリンピックを見たり、料理をしたりするだけでしたが。。。

とにかく日中は外出せず家にいました。

夜はビンマート+で買物 店内の様子

(筆者撮影)

しかし、夜8時頃コンビニ「ビンマート+」に買い物に行ってみた。

このビンマートの閉店時間は9時30分頃。

ビンマート+へ行く途中の街は開いている店が無く、通りには気配も少なく静か。

しかし、皆、ひっそりと静かにしながら家にはいるんだな、というのが感じられます。

ビンマート+は、スーパーのビンマートで売っている商品と同じものを買えるコンビニ

ビンマートで売っているものとほぼ同じモノが売っています。

日本でイオンが運営するコンビニ「まいばすけっと」に近いかも。

(筆者撮影)

さて、ビンマート+の店内に入ると、生鮮品がほぼ品切れ状態。

肉も売切れでサーモンだけが残っていました。

(筆者撮影)

野菜も無し!アロエを買おうかと思いましたが(美味しいんですが)、やめました。。。

(筆者撮影)

卵は売切れ。

野菜もほぼ無かったけど、僕が良く食べるハーブ系の野菜(草?)はあったので、購入。

でもリンゴは大量にありました。

スナック類はたくさんありましたが、インスタントラーメンは結構売れているようでした。

この時の店内のお客さんは平常通り。

でも生鮮品の売れ行きを見ると、日中はお客さんが多かったようです。

(筆者撮影)

レジにカゴを出して購入。 

レジカウンターにはビニールシートの幕があります。

歩いて行ける近所のコンビニの品数がこのくらいの状態で済むなら、社会隔離が15日(それ以上?)続いても私は一人暮らしだからまぁ大丈夫でしょう。

寂しい通り。 (筆者撮影)

しかし、ビンマート+への買い出しが原因で私が感染したり、同じアパートや地区から感染者(F0)がや濃厚接触者(F1)が出ると、

隔離施設に移動しなければいけないかも。

それは大変ですが。。。